真っ暗!

あの日から、一ヶ月以上が過ぎました。

更新が滞ってしまいまして、申し訳ありませんでした(>_<;)。
思う事は日々ありながら、文章がまとまらず、
書いては消し、書いては消し・・で、今日まで来ちゃいました;;。
すみません;;。


あらためまして、その節は、大変ご心配をおかけ致しました。
有り難いコメントと有り難いお申し出、とてもとても嬉しく、
心よりお礼を申し上げます。
本当にありがとうございましたm(_ _)m!!

お蔭様でライフラインもほぼ戻り、ふつうの生活が出来るようになりました。
下水道の施設が殆ど海岸そばにあったので、まだ完全復旧しておらず、
流す量を減らすべく節水&工夫は続いていますけど、そんな事は些末な事。
毎日、本当に有り難く思います。



宮城県において。
津波が襲って来た地域。そうじゃなかった地域。
線を引いたように、まったく違う二つの世界に別れてしまいました。
(もちろん、そうじゃなかった地域にも、山津波や地滑りによる深刻な被害はあります)

テレビでは報道されない場所にも、被災された方達がいる。
ローカル番組だからこその映像、地元の新聞の記事、写真もある。

そして、直に被災地に赴いた幾人かの友達から聞く、被災地の様子。
それは、もう、テレビで見ているのとは、全く違う様相だという事。
テレビで流せるから放送に乗せる。放送出来ない世界がある。
その地を覆う“気”も、臭いも、テレビでは伝わりませんものね。

そういう情報に毎日ふれて、毎日やるせない気持ちでいます。
無力だ・・・。



「自分に出来る事を一生懸命に!」


わかっていますとも!がんばらねばね。




さて!
この写真は、失敗作ではありません。何が写っているのでしょう、か!?
f0144675_1604853.jpg







えへへ。わかる訳がありませんね(^_^;)。

答えは、↓の写真と同じ場所。普段はこんなです。
f0144675_1603897.jpg

地震直後。
f0144675_1602277.jpg

小さな明かりは、バイク。
ここまで真っ暗な夜は、子供の頃ならいざ知らず、何十年も記憶にありません。
一区域だけの停電ではないという事です。

同じく、普段の様子。
f0144675_15592899.jpg

それが・・。
f0144675_15595075.jpg

右手の明かりは、公民館の窓の明かりです。
自家発電でしょう。ここにも、避難して来た方々がいました。
左の明かりは、無事にご帰宅、坂を上って来た車のヘッドライトです。

この日は、きれいなお月様と満天の星空でした。(写真はヘタです;;ずびばぜん;;)
f0144675_1559218.jpg

停電ゆえの、ほんとうにきれいな星空でした・・。
[PR]
by aozoranowanko | 2011-04-23 17:11 | Comments(8)
Commented by みうちん at 2011-04-23 20:55 x
無力じゃないよ。
生きてる事。感じてる事。生活してる事。
みんなに確実に繋がっていく、いってるはずです。

まきちゃんのブログも、見てる方と繋がってるし、
癒されている方もいらっしゃると思いまっす!

みうちんは、取り敢えず石巻産のあなごの缶詰と、
牡蠣の缶詰と、松島産のかまぼこを買ってみた。
美味し〜。

そして写真は何ダロ。
お月様…にゅ。
Commented by ゆべし at 2011-04-23 21:21 x
先生の街も大変だったのでしょうね。
栃木も地域によっては家屋の倒壊などの被害が出たところもありましたが、
東北や茨城の比ではありません。
報道で目にする被災地の惨状に言葉のでない日々がいまだ続いています。

停電、ですね。
こちらは東京電力の計画停電で真っ暗な夜が何日かありましたが、
地震発生時は、我が家周辺は停電はありませんでした。
ほんの1キロ離れた実家は数時間停電したようですが。
それにしてもこんな大災害、もう二度とゴメンです。
被災した方々がいまの困難から一日も早く立ち直り、また以前のような生活を取り戻せることをお祈りしています。
先生も早く当たり前の日常を。
まだ不便もあるのでしょうけれど、どうかお大事に。
Commented by ロケット at 2011-04-24 00:59 x
こんばんは。
関東にいると東北の様子がさっぱりわかりません。 
もちろんテレビや新聞などでは大量の情報がモリモリと
流れているのですが、何か大事なことが伝わって来ない。 ぺランとして、音やにおい、空気とか奥行きがない。
 
反対に、こちらの様子も歪んで伝わって、東北の人たちを
がっかりさせていることもあったようで、今のマスコミの
限界を感じました。 


お忙しいし、大変だとは思いますが、時々、本当に時々
たま~~~に気が向いた時にでも真樹さんの言葉で
そちらの様子を教えていただけたらと思います。

でも、本当に無理はしないで(そういうわけにも
行かないのでしょうけれど)、お体を大切にお過ごし
くださいね。
Commented by aozoranowanko at 2011-04-25 19:00
みうちんさん>おお、有り難いお言葉(;_;)。
このblogなどなんのお役にも、と思いますが、
ありがとうございます。
そして、書いて下さった事、まったくその通りです。
当然の事と思います。
でも、今回の震災は、それだけでは追いつかない規模です。
そういう事と平行して、実質的に大きい事が必要と思います。
思うだけむなしいけど、自分が、孫さん並に
お金を寄付できる人物だったらなあなどと思う訳です(^_^;)。
そして、こういう大災害にふれる度思う事。
自分が、実際に命を助けてあげられるお医者さんだったらなあ、
看護師さんだったらなあ、消防士さんや自衛隊隊員だったらなあ。
いやあ、スーパーマンだったらなあ!←古っ;;。
Commented by aozoranowanko at 2011-04-25 21:30
ゆべしさん>本当にありがとうございますm(__)m。
栃木の皆さんも大変だったのですよね。
普通なら、もっともっと大きなニュースになっていたはずの
長野県や茨城県、栃木県、千葉県の災害。
津波の災害があまりにも大きかったので、報道が少なく、
逆に心配になっておりました。
(千葉県の液状化被害の報道はありましたが)
災害援助も、こちらの方が優先になっていて、
なかなかそれも届かなかったと、あとで知り、
東日本、やはり尋常ではない事態に陥っていると再認識。
計画停電も、大変な事だったと友人から聞いています。
本当に、もうこんな事は二度と起こって欲しくないですね(>_<)。
まだ余震が続いています。今は、そちらの方が揺れているのでは?
ゆべしさんも、気を付けてお過ごし下さいね。
Commented by aozoranowanko at 2011-04-25 22:04
ロケットさ〜〜ん>うわ〜〜い。
本当にご心配をおかけ致しました。ありがとうございました!
東京には東京の話題があって、確かにこちらの様子は
大きな事しか伝わらないのかもしれませんね。
「石原軍団が炊き出し」となれば大きく報道されるんですよね。
わかりました!
拙い文しかかけないし、私が知る事も一部分だとは思いますが、
時々書かせていただきますね。
これから、長い戦いになると思いますから。
1年先、2年先、その先も、戦い続ける方々を
忘れて欲しくないですものね。
本当にありがとうございますm(__)m。

ところで、新パソコンげっと、よかったです〜vv。えへへ。
またコメントして下さいねvv。

Commented by ロケット at 2011-04-28 15:38 x
お返事ありがとうございます~。

真樹さんの 宮城県が二つの世界に分かれてしまったと
いう言葉に、テレビや新聞ではわからない、現地の
空気や大変さを感じました。

実際に出来ることは限られていますが、見て、聞いて、
考えて、出来ることをする。発言する。
そして、次の世代の考えるヒントの一つにでもなれる
ようにするというのが、今の大人の役割と思って
います。

なので、ネットブックを買って、いろいろな人の
発言や行動を見ることが出来たのは便利でした。 
普段から「あ~?」と思っている人たちは、非常時
にも「あ~?」ということをやらかすのだな~と
確認したり。

でも、今まで良い印象のなかった孫さんとかイトー
ヨーカドーをちょっと見直したりもして。 今後
どうなるのか見続けたい。

大変難しそうですが、三陸鉄道がまた走るように
なったらいいな~。

それではまた。お元気で。

Commented by aozoranowanko at 2011-04-30 00:59
ロケットさん>こちらこそ、ありがとうございます。
ロケットさんのおっしゃる通りですね。
今回の震災は、すごく意味のある事なんだろうなと思います。
ここから、多岐にわたって新しいシステムや考え方や
人との繋がりなんかがで出来てくるのでは?と思いますね。
いや、そうならねば!ね。

三陸鉄道は、南リアスの方は復旧、開通しましたvv。
北リアスの方は被害が大きく、復旧には時間がかかりそうですが、
でも、道路も新幹線も港も、思ったより早く復旧して
いるので(すごいと思う!)期待したいですねvv。
<< 四十九日 またまたの地震、大丈夫です! >>