さて、あの日の事。

震災の日から、3ヶ月が過ぎました。
・・合掌。


今さらですが、あの日々の事をちょっと書いてみようかなと思います。
長いです、ずびばぜんm(_ _)m;;。


あの日の事を、後から友人達に聞くと、皆さん、本当に大変な状況にありました。
何人かは、仙台中心部のビルの中にいて、
崩れる天井や落ちて来る水の恐怖の中(水道管が破裂?)、
お客様を誘導したりしながら避難。
外は吹雪で、薄着のまま、たくさんの人々が寒さと恐怖に震えながら立ち尽くしていたそうです。
津波から避難した人もいました。
交通機関がマヒして帰れなくなって、県庁に避難した人や、
たった1人で、近くの小学校に避難した人も。
バイクの下敷きになったっていう人もいました(本人のメールには、(笑)ってあったけど;;)。

仙台に旅行にいらしていた方々も、お気の毒でした;;。
受け入れてくれるホテルのロビーに、何百人も避難。
座るスペースもなく、寒く真っ暗な中で立ったまま一晩過ごしたとか(>_<;)。
(旅先で不安な中、しかも、立ったままって・・;;)
東京でも、大勢の方が何時間も何時間も歩いて自宅に帰られたという話も聞き、
津波の被害や原発の事は言わずもがな、その他の地域でも、
どれだけ大変な事だったのでしょう!!


そんな中にあって、私は、
ご心配いただいたのも申し訳がないくらいm(_ _)m;;、
とても運のいい状況におりました;;。
母共々、自宅におり、そして自宅は、とっても内陸部だったからです。


f0144675_22464442.jpg

その日の朝は、こんなにさわやかな青空でした。
早咲きの桜 梅の蕾 杏の蕾を発見して、ちょっとウキウキ。

が、春めいてきたまわりの中で、なぜか私の車だけがこんな事に! なんでだ!?
f0144675_18574499.jpg

・・などと、能天気な写真なんかを撮っていた朝でした。


そして、14時46分。






遅い昼食の後片付けを終えて、2階の仕事部屋に戻る所でした。

階段の下で、ふと、郵便が届いているかも?と思い、
外のポストまで見に行ったんでした。
空なのを確かめて、玄関の扉を開けて家に入ったとたん、
母の「地震だよ!」の声。

サンダルを脱いで上がった所で、揺れを感じ、どんどん大きくなるのを感じ、
その場で玄関の花瓶を抱きかかえたまま、あとは動く事が出来ませんでした。
立っていられなくなり、壁を背に座り込んだ目の先で、
玄関の飾り物やキッチンのあらゆるものがガシャンガシャン床に落ちて行く。
来る来ると言われていた宮城県沖地震。「ついに来たか!!」と思いました。
が、ちっとも収まらない!! 延々、全然収まらない!!
こんな揺れは無い!! 家がつぶれるかも!!

今まで経験をした事のない揺れでした。

動ける揺れになってきたので、四つん這いでリビングのドアを開けて、中へ。
母の無事を確かめてホッとするも(仏壇を支えながら、しがみついていた)
余震が収まらないので、ふたりでこたつの中にもぐって、
しばらく身を守っていました。

まだ通じていた携帯で、友人や親戚に無事を確認。
が、すぐにダウン。電池も切れ、かろうじて入ったメールは、
お仕事で留守のお隣の奥さんから。
小学生の男の子くんが、今日は具合が悪くて、家に1人でいるって!!

慌ててお隣へ。怪我もなく落ち着いてみえたのでひと安心。うちに来てもらう。

いつの間にか、外は吹雪!!「追い打ちをかける気か〜〜!!」
まさに天変地異かと思いました。(4日後の写真ですが、まさにこんな感じ;;)
f0144675_23102641.jpg



ラジオをつけると、東京の事を言っている。
「東京も大変な事になっている!?」
そして、地元では、津波が川を上って来て、家が流されていると。
(私の貧弱な想像力では、まだあのような津波を頭に浮かべる事は出来ませんでした)
そして、なんとかタクシーをつかまえて帰って来られた隣の奥さんから、
青葉山のものすごく大きなコンクリの鳥居が倒れて、通行が出来なくなっている事や、
鉄橋にヒビが入って、通れなくなっている箇所がある事を聞いて、ただただ驚愕。
被害の大きさを知り始めました。


余震の中、真っ暗な夜が来る事がわかっているので、
急いでキッチンの片付け。
不思議な事に、実は、1階のリビングなど、キッチン、玄関以外は、
ほとんど被害がなかったのでした。
ただ、大きな重い家具や食器棚が、かなりズレている。
ズレる程の大きな力に、あらためて揺れの凄さを実感。
でも、倒れなかったvv。ありがたや、1階!

そして、私は、祈る気持ちで2階へ・・。
仕事部屋のその光景を見て、私は、あの時、2階に上がらなかった事を感謝したのでした。


ー続くー
[PR]
by aozoranowanko | 2011-06-12 02:04 | 出来事 | Comments(10)
Commented by ケイシイ at 2011-06-12 10:02 x
こんにちは。真樹先生がご無事で本当に良かったです。
(私も運よく、家にいました。)
地震前の桜の蕾の写真、とっても貴重ですね。
かわいらしい蕾と、さわやかな朝。
この写真を撮ったあとに、あの地震が来たなんて、信じられません。
みんな、いつもどおりに朝をむかえて…。
でも、2時46分から、いろいろな事が変わっちゃいましたね。
でも真樹先生のブログは、写真も文章も温かく、地震前と同じように、とても見ていて癒されます。
これからもブログ、楽しみにしています。
Commented by ゆべし at 2011-06-12 16:46 x
思い出したくない辛い記憶でも、
思い出して文字にして残しておくことは、
いまの自分にとっても、
またいつやってくるかも知れない次の危機に備えるためにも、
きっと意味のある大切なことなんだと思います。

僕はその瞬間、3階の教室にいて38名の生徒と必死になって揺れが収まるのを待っていました。
あとは・・・書き切れません、でも忘れないよう自分の中に記録しておきます。
生徒たちの安全確保のために役立つ日があると思うから。
なければないが一番なんですがね。
続きの話も、必ず読ませて頂きます。
Commented at 2011-06-12 23:33 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by aozoranowanko at 2011-06-13 13:31
ケイシイさん>こんにちは〜〜!!
ケイシイさんも、ご無事で本当によかったです(>_<)!!
どんなにか、心細かった事でしょう!?
朝の蕾の写真は、後から見て、こんな朝だったんだ・・と
あらためて思いました。
あの時間以来、それ以前の事は、全部ぶっとんでいましたから(*_*;)。
みんなであの朝を迎えたのに・・。ね。

おっと、いかん!祈りながらも、元気を出さねばねっ。
私も、ケイシイさんのblogを楽しみにしていますvv。
また、ゆっくりお会いしたいですねっvv。
Commented by aozoranowanko at 2011-06-13 13:57
ゆべしさん>ゆべしさんのblogに、お邪魔しちゃいましたvv。
素敵なblogですねvv。(毎日って、すごい!)
魅力的な文章で、楽しく、そして、いっぱい共感させていただきましたvv。
ゆべしさんのいらっしゃる栃木県も、本当に大変だったんですね;;。
単発の地震であったなら、全国的にも大きな報道になっていたはず。
私の続き・・;;。ゆべしさんの方が、大変だったのでは!?と思われ、
ちょっと恥ずかしいかも(^_^;)。
Commented by aozoranowanko at 2011-06-13 14:08
FORTUNEさん>FORTUNEさんも、ご無事でよかったです!
東京が震度5って、びっくりしました!。
日常の営み、普通に過ぎて行く時間のありがたみを、
本当に感じずにはいられませんでした。
おふとんに寝られるだけでありがたく、申し訳がなかったでした;;。

いやいや、FORTUNEさん、こちらこそありがとうございますm(_ _)mvv。
感謝しかありませんvv
Commented by ゆべし at 2011-06-13 20:46 x
僕のブログにわざわざ足を運んで頂き、ありがとうございます。
プロの先生に見ていただいて、心から嬉しく思う反面、
思いついた言葉を書き殴るだけのつたない文章に、
ただただ「恥ずかしいなぁ~」と・・・。
毎日更新は(ちょっとだけ忘れたことがありますが)11年目になりました。
若き日の、先生の作品との出会いの話はまだ書いていませんが、
ネタに困ったらきっと書かせて頂きますね(^_^)v。

栃木も震災被害、地域によってはかなりのものがありました。
が、僕の住処はほぼ無傷。
職業柄、生徒の心のケアには気を遣いましたが、
それ以外は特記するほどの被害はありませんでした。
先生のご苦労に比べればまったく何も・・・。
Commented by まさP at 2011-06-14 02:21 x
本当に未曾有の出来事でしたから…私がどうこう言える立場では無いと思いますが、せんせがご無事で何よりでした。
3ヶ月…短いようで長い時間。でも、まだ8千名近くの行方不明者がいらっしゃるのが心が痛くてたまりません。

一日も早く皆さんが安心して寝られる日々が来るように遠い神戸から祈ってます。。。
Commented by aozoranowanko at 2011-06-14 23:55
ゆべしさん>うわあ〜、11年目ですか!?
素晴らしいですね!! 
いえいえ、素敵な文章です。続きを読みたくなります。
プロといっても、私など・・;;。
また、お邪魔致しますねvv。

学校の、本や資料が散乱した職員室の画像も拝見致しました。
生徒さんのケアや、後片付けなど、本当に大変だったと思います。
私などは、不謹慎ながら、ちょっと楽しかった事も
あったのです;;。それは、また。
Commented by aozoranowanko at 2011-06-15 00:10
まさPさん>ありがとうございますm(__)m。
あれから、三ヶ月。未だに見つからないご家族を捜していらしたり、
けじめをつけようと苦慮してらっしゃる方々が、本当に
まだまだたくさんいらして・・。
テレビや新聞で、そういう方々を毎日拝見致します。
本当に胸が痛いです。
神戸からのお祈り、絶対届きますvv。
<< 間違えていました〜〜(;@_@... 5月16日 今日の空 >>