さて、あの日の事(2)

東日本大震災。
来月の3月11日で、発生から丸3年になります。 

2011年6月に、3.11時の自分の事を書いてアップしましたが、
<続く>としながら、続きを書く事が出来ませんでした;;。
本当に大変な出来事。東北のみならず、関東の方達だって被害甚大。
被災地と呼ばれる宮城にいながらも、私は、運良く被災者ではありませんでした。
例えば、部屋がぐちゃぐちゃになったくらいで、それは、震度が大きかった所の方は、
皆さん、そうだったわけで;;。
ライフラインの寸断も、同じ事。
日が経つにつれて、気持ちの重さも増していく中、
被害のなかった自分の事など、書く程の事ではないとはばかられ・・・。


けれど、あの時、大変ご心配をいただいた皆様からのお気持ちを含め、
感謝してもし足りない事もたくさんありましたし、
あれから3年という機会に、あれこれ思い起こして書こうと思いました。
広げた風呂敷は、たたまねば・・。


まずは、「さて、あの日の事」を先にお読み下さいねvv。



f0144675_22454420.jpg




<続き>

そんな訳で、当日の自分とまわりの状況は↑の通りでしたが、
恐る恐る上がった二階は、ご想像通り;;、いや、もう、ぐちゃぐちゃ。
上から本箱も落ち、机も壊れていました。
もし、あの時ポストを覗きに行かず、2階に戻っていたならば・・(>_<;)!!


そして、後からゾッとしたのが、落ちた本箱の下!

ほかの落下物に埋もれて、前倒しになった電気ストーブが!!
しかも、スイッチが入っていた!! こわっっ!!

昼食の時に、確かにスイッチを消して部屋を出たはず。
消したはずが消してなかった!?衝撃でスイッチが入ってしまった!?
どっちにしろ、地震直後に停電になったお蔭で、火事にならなかった!!


停電になっていなかったら・・・・
電気が復活する前に、それに気が付いていなかったら・・・


こんな事もありますので、電化製品に関しましては、ご注意を!!
少なくとも、こんな状況で停電になったら、

電化製品のコンセントは抜いて下さいね!!





そして、訪れた暗い夜。
f0144675_17553663.jpg

<見えているのは、バイクのヘッドライト>

こんなに真っ暗な夜は、幼少の頃以来、なかったのではないでしょうか。
夜空が・・、星が・・・、本当にきれいでした。
f0144675_17501148.jpg

<車のヘッドライトと自家発電の公民館の灯り>
<公民館には、津波を逃れて避難して来た方達が、200人程いらしたと後で知りました>


実は・・、停電でテレビが見られず、ラジオも地元の放送がうまく入らない中、
車のナビでテレビが受信出来る事を思い出し、見てみたんでした。
東京の様子が映り、体育館のような所に避難している方達、皇居前広場に集まる方達、
電車の動かない駅で困りきっているたくさんの方達を見て、これは本当に
ただ事ではないのだと知りました。
そして、次に映った衝撃的な映像。
自衛隊のヘリか飛行機の、海からの映像でした。
これは、現実なのか!?

それ以上は、見る事が出来ませんでした。



余震が収まらない中、不安をかかえて着の身着のまま布団の中へ。




そして、翌朝。


外に出て、「まさか!?」のびっくりが!!
f0144675_1442397.jpg

ポストに新聞が、ちゃんと届いていたのでした!!!




<続く>
[PR]
by aozoranowanko | 2014-02-22 22:50 | 出来事 | Comments(8)
Commented by ちえ at 2014-02-23 15:34 x
もうすぐ三年ですね。テレビや新聞で特集も多くなりました。またあの日に立ち戻って考えたいですね。真樹ちゃんの奮闘記ー続きー読ませてくださいね。
Commented by aozoranowanko at 2014-02-23 16:38
ちえちゃん>いやいや、お恥ずかしいです;;。
皆さんに大変だった日々ですのにね(>_<;)。
でも、3年。本当に立ち戻るのは大事な事ですね。
全てが、まだ、まだ、ですものね。
ちえちゃん、また早くお会いしたいですねvv。
Commented by まさP at 2014-03-02 05:22 x
もうすぐ3年ですね…長いのか短いのかわかりませんが…最近テレビでも報道してくれないので現在の状況が全然解らないのがなんだか悔しいです。
私はラッキーな事に阪神大震災もこの東日本大震災も全く無関係でした。ただ、結婚して神戸に来たのが阪神大震災の翌年で復興をずっと観てきました。かなり早い復興だったと記憶しております。
東日本大震災は規模はもちろん、津波・原発もあったので復興にはかなりの年数を要すると思います。
1日でも早く復興することを祈っておりますが…こんな私でも何か出来る事があれば教えて下さい〈(_ _)〉
Commented by 連坊恋路 at 2014-03-06 21:29 x
三年ですね。

私は親兄弟の無事は当日できました。が、中学の同級生の家は私の実家より海沿いでしたから報道された津波の被害に落ち着いてはいられませんでした。一人の同級生を13日の全国紙に掲載された小学校の屋上から避難する方々の中に見つけたときは涙がとまりませんでした。

この週末も用事もあり仙台に行きます。
みんな後ろばかりはみてないけど、なかなかあの頃には戻れないようです。
そばにいて、話を聞くだけですが、今の私にできることです。



Commented by aozoranowanko at 2014-03-08 23:05
まさPさん>お返事するのが、とっても遅くなってしまいましたm(_ _)m;;。
そうでしたか、まさPさんが神戸に行かれたのは、そういう時期だったんですね。
被害に遭われた街や皆様の中にあって、
直に感じられる事も、たくさんおありだった事でしょう。
私も、ある時にはもう、街がりっぱに復興している事に
感慨深いものを感じました。本当によかったvv。
そして、阪神大震災の復興の最後のお仕事が終わったというニュースを、
ちょうど3.11の時くらいに耳にした記憶があります。
(間違っていたら、すみません〜;;)
「ああ、17年間かかったんだなあ」と。
引き継ぐように、今度はこちら。
長くかかる事は必至。でも、それでも、一日も早くと祈るばかり。
はい、私にも何か出来る事が見つかったら、ご協力をお願いするかも。
その時は、よろしくお願いいたしますねvv。ありがとうございますvv。
Commented by aozoranowanko at 2014-03-09 08:11
連坊恋路さん>まずは、ご家族がご無事で何よりでした。よかった!
そして、ご友人への心配、いかばかりだったか。お察し致します。
全国紙の写真で・・って・・。
ご友人もご無事でよかったです!
連坊恋路さんも、大変な思いをされましたね。


そして、おそばでお話を聞いて差し上げる・・。1番大事な事と思います。

道中、お気を付けて下さいね!
Commented by macomaco at 2014-03-15 15:37 x
真樹さん。本当に九死に一生の体験だったのですね。
ご無事でよかった。
Commented by aozoranowanko at 2014-03-16 16:43
macomacoさん>あ、ありがとうございます;;。
本当にご心配をおかけしました;;。
そして、お心&救援物資を、いっぱいありがとうございました!!
<< 今年の桜vv うわお!! >>