さて、あの日の事(3)

今日で、あの日から5年の月日が流れました。



着実に復興していっている事、亀の歩みの如くゆるゆると進んでる事、
殆ど変わらないままでいる事。様々の中で。

被害に遭われた皆様の御心は、まだまだ変わる事なく・・と思います。



あらためまして・・



亡くなられた皆様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
  そして、被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げます。



f0144675_01460971.jpg






ええと;;、<続き>が続きませんで;;、本当に申し訳なく・・(>_<;)。
今度こそ・・! 今度こそ・・・! でございますm(_ _)m;;。





まずは、「さて、あの日の事」「さて、あの日の事(2)」を先にお読み下さいませ;;。



f0144675_23463487.jpg





<続き>
翌日、新聞が配達されていた事。
たったの4Pでしたが、それは本当に驚きであり、感動的な事でした。
f0144675_23465945.jpg
新潟の新聞社の協力を得てとの事でしたが、報道する者として
どれ程の想いで発行にまで漕ぎ着けたのか。
(私の頭の中では、そこに窓さんたちがいました)


そして、それを各家庭に届けるのは、各販売店であり配達スタッフの方々です。
被害にあっていないお店は無い!自分の家が大変じゃないスタッフさんもいない!
でも、ちゃんと届けられた!
直に、生で、ニュースを届けなければ!という、新聞に携わっている方々の心意気を
深く感じた出来事でした。

そして、テレビが観られない状況下で、写真付きでニュースが届けられ、
初めて、目で、各地域がどうなっているのか!を知る事が出来たのでした。




さて!新聞が届けられ状況を知ったところで、
私たちは食べたり飲んだり出したりをしなければなりません;;。
それからの毎日は、水や食べ物の確保に動く事になります。

団地内にある小学校や公民館まで水をいただきに行ったり、
大きなスーパーで5時間並んだり、一人2点しか買えないコンビニをはしごいたり・・。


しかし、実は、困るのはおトイレだったりして;;。
最初は、お風呂の水を張っていたので、それを使っていたのですが、
いよいよ、その量も減って来て、積もった雪を溶かして使う事に・・。
f0144675_23472848.jpg


おや!? 雪を集めている方が私以外にもう一人!?




実は! 震災の翌日。 母と私の年寄り二人の元に、救世主が現れたんでした!



それは、以前の記事にも登場してくれた
f0144675_00391531.jpg
お家のすぐそばまで津波が押し寄せて来て、
怖い余震とあの寒さの中、一晩、車の中で過ごしたんだそうです(T_T)。
れもんちゃんと一緒なので、気遣いのれもんちゃんママは、避難所には行かなかったのでした。

電話も通じない中、まずは私の家に来てくれた!

もちろん!もちろん!大OK!



そうして、我が家はしばらくの間、「わんこのいる家」になったんでした。



<続く>












[PR]
by aozoranowanko | 2016-03-11 01:15 | 出来事 | Comments(2)
Commented by まさP at 2016-03-12 14:52 x
いえいえ…書きたくなった時でいいと思います。
窓さんや小菊ちゃんも頑張ってくれたと私も思ってました!!
また続き…書きたくなった時に、お待ちしておりますm(_ _)m
Commented by aozoranowanko at 2016-03-14 16:32
まさPさん>いや〜、ありがとうございます(>_<;)。
どっちもvv。
記事、気持ちはあれど・・、どうなりますやら。
でも、なんとか風呂敷はたたみたい。
自己満足でしかありませんが(^_^;)。
<< 5年目 ようよう春ですねんvv >>