<   2012年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

3月25日 今日の空

バスで外出しました。
帰りのバス停でバスを待っていると、いきなりの嵐! 
雨だかみぞれだか雪だがが、先頭で待っている私に容赦なく横なぐり(@_@;)。
バスが来た!よかった!


30分後、バスから降りたら、こんな空vv。
f0144675_23132984.jpg

[PR]
by aozoranowanko | 2012-03-29 21:30 | ホームタウン | Comments(4)

3月6日 今日の空  そして・・

最近、よく通る道。広い畑。
f0144675_1119429.jpg

この日は、夜から朝にかけて大雪。お昼に気温が上がり・・。
f0144675_11193420.jpg
 
まるでドライアイスをたいているみたいに道路まで煙(?)が。
f0144675_11344834.jpg
  
いや、すごい。 雪が水蒸気になっているんだと思うんだけど。
f0144675_11192490.jpg

これって、なあに?なんて言うの?
f0144675_11353096.jpg

川や湖から立ち上る水蒸気は、「けあらし」って言うみたいなんですけどお??
f0144675_11191535.jpg

しかし、幻想的ではあったことです。
f0144675_11185726.jpg

[PR]
by aozoranowanko | 2012-03-18 11:41 | そぞろ歩き | Comments(6)

鎮魂花火

昨日の3月10日。
お知らせした通り「天国へぶっ放せ!」の花火があがりました。


こちらの天気は、曇り&雪。
朝からこんなでした。
f0144675_1553119.jpg


夜になって晴れる事を祈っていましたが、変わらない天気。
こんな日こそ奇跡のように晴れて欲しい!のに。
泉ヶ岳はスキー場がある所。
もともと雪が多いのに、曇りどころか降雪では中止になってしまうかも!?
あがっても、これでは被災地からは見えないかも!?
神様はいじわるだなあくらい思ってしまいました;;。



でも、無事に花火はあがりました!
USTREAMで中継があったので、あがった時はホッとしましたvv。
f0144675_18292936.jpg

                            (以下3枚、テレビからの画像です)


そして、私のいる場所からは、残念ながら手前の山が邪魔して見えず;;、
場所を移しても、かろうじて山の際の雲が、
赤く丸くなっているのが見えるに留まりましたが、
仙台駅あたりからはちゃんと見えたらしく、大勢の方が見守ったようでした。
f0144675_1926214.jpg


そして、USTREAMに寄せられたツイッターにあった、ある方の言葉。
「この天気も天の采配。物見遊山の人達を寄せ付けないための」

ああ、そうかも!
献花の花火。
もともと招待した遺族の方達と関係者以外は、山には入れない事になっていました。
でも、不届き者はいつでもいる訳で。

あの天気のお蔭で、花火があがったあの場所は、
花火を見ている天国と、そこにいる家族の方達だけの神聖な空間となったのだ。
f0144675_19251434.jpg



花火の様子は、USTREAMで見られます。
期間限定かもですが。
USTREAM



今日は3月11日。あの日から1年。


合掌。
[PR]
by aozoranowanko | 2012-03-11 19:55 | 出来事 | Comments(4)

“天国へぶっ放せ!”

昨年の3・11東日本大震災において、亡くなった方の人数 2万人。

その方達の鎮魂のために、そして生き残った方達から「愛しているよ」と、
「元気でいるよ」と伝えるために、
泉ヶ岳という山のてっぺんから、花火を打ち上げよう!という企画が、
今、ある団体を中心に進行しています。


その団体とは、知る人ぞ知る「スコップ団」。

亘理郡山元町という所を中心に、津波に遭って泥だらけのお家の
「泥かき&大事な物を捜す」事をやっていて、お家をピカピカにして
風のようにさって行く・・人達です。

活動しているその場所は、一般の人達が入れない立ち入り禁止区域。
でも、お家の人やお友達は入ってよいと聞き、
「明日、友達になる人のお家かもしれない。将来、息子の親友になる人のお家かもしれない」
 ならば、もう、自分たちは友達だ」
とうことで、ゲリラのように活動しているのでした。

団長の平さん。
この方のblogを、昨年からずっと拝見しているのですが、彼の言葉や文章が、
今1番、私の胸に突き刺ささる。
(平さんは、仲間と共に、地震直後から自費でガソリンを求め、ドライアイスを求め
 物資を運び、津波で打ち上げられたイルカを助け、被災した動物を助け・・と
 凄い方です)



3月10日。 それは、普通であることがしあわせだった、忘れてはいけない日。
会場の泉ヶ岳からは、宮城県の海が、ずわーっと見えるそうです。
という事は、海から花火が、山側からも当然見えるという事。
曇りで花火が見られなくても、花火は打ち上げられます。
それは、私達が楽しむためじゃなく、亡くなった人たちへの花火だから。
天国が、もしもみんなが想うようにそこにあるならば、
地上からは分厚い雲しか見えなくても、あがる花火は、そこからきっと奇麗に見えるはず。
・・・と。

あがる花火、亡くなった方一人一人のために、その数2万発。

今週の土曜日です。
花火があがったら、手を合わせようと思います。
全国ニュースでも、この話題は取り上げられるかも。
もし、目に、耳にふれましたらば、空に想いを・・。

<泉区からの泉ヶ岳>
f0144675_17293539.jpg

詳しい経緯はこちらを是非!
平団長さんのblog「どうせ地球のチリだからな。」
記事を遡ると、どんな活動をしてらしたのか、画像付きでわかります。

SCHOP-DAN HP
[PR]
by aozoranowanko | 2012-03-07 21:13 | 出来事 | Comments(8)

3月3日 今日の空

今日は、2連発!
f0144675_15593364.jpg

[PR]
by aozoranowanko | 2012-03-04 14:57 | ホームタウン | Comments(0)

「しあわせのパン」

なんだか、いつの間にか、すっごくご無沙汰になってしまいました;;。
なんでこんなに余裕がないんだ??;;。
ずっとのぞきに来て下さった皆様、申し訳ありませんでした(>_<;)。m(_ _)m;;。

どうしても、12月〜3月は、めいっぱい;;。
そんな中、無理くり時間を作って行って来ましたのは、
昨年から、楽しみ〜〜〜〜にしていた映画ですvv。

観る前から、かなり気に入るんじゃないかと予感がする映画。
以前も同じ事を書いたことがありますが、
今回もそうでした。


「しあわせのパン」
f0144675_1228188.jpg


北海道は洞爺湖のそばの月浦という町に、「マーニ」というお店があります。
旦那さんが窯でパンを焼き、奥さんが美味しい珈琲を入れ、お料理を作るパンカフェ。
そして、2階が宿泊施設になっているオーベルジュ。
その夫婦と、そこに集うお客と、泊まりに来る旅人たちとのお話です。
f0144675_1229084.jpg


とにかく景色がきれい!情景がきれい!
お店そのものも、出て来る食器も、お洋服も、食材も、みんな北海道産でとっても素敵vv。
そして、お話も、哀しみを越えて見えて来るしあわせを描いて、
観た後、ほっこりしてしまう映画なんでした。
f0144675_12283054.jpg


主演は、原田知世さんと、どわ〜〜い好きな大泉の洋ちゃんvv♪♪。
いえいえ、大好きな大泉くんだからご紹介しているのではなく、
本当に素敵な映画だからです。
f0144675_12284129.jpg


そして、これは、状況が許されるならば、是非!映画館で!!

なぜかというと、きれいな景色と美味しそうなパンや珈琲、お料理を大きな画面で! 
・・というのもあるのですが、 「音」です! 「音」!

窯の中でなるパンが焼ける音。窯から出した後のはぜるような音。パンをちぎる音。
そして、珈琲を入れる音。カップとスプーンのふれる音。
野菜を切る音。ポトフが煮える音。お米が炊ける音。
これらは、おうちでDVDで観るよりは、やはりあの映画館の空間で味わっていただきたくvv。

上映している映画館はまだ少ないかもしれませんが、
これから徐々にいろんな所で公開していくそうなので、
食べる事が大好きなあなた、すてきなインテリアや雑貨が大好きなあなた、
湖好きなあなた、お近くの映画館に来た時は、是非是非vv。



「しあわせのパン」公式HP


う〜〜ん、これが、自分の作品じゃないのが、悔しいのお!!(←う〜〜ん、図々しいのお;;)
[PR]
by aozoranowanko | 2012-03-04 14:42 | お気に入り | Comments(4)